「抜かない」「削らない」ための予防歯科への取り組み

「地域一番優しい歯科医院を目指して」

虫歯になって歯を削るのは、あくまでも症状の悪化を食い止めているにすぎません。

例えば、虫歯の部分を削り取って「金属」や「プラスチック」を使って『つぎはぎ』をしているだけ。

歯周病の治療も、進行を止めているだけで、お口の中に細菌が増えてくるとまた続きから進行していきます。

このことをよく理解しておかないと、歯医者で治療が終わったと思って安心していると、また再発します。

 

「悪くなったら治療する」というスタイルを続けていると、悪くなるたびに状況は深刻化し、歯を失うことになります。

「歳をとれば歯は悪くなる」というのも誤解です。きちんと予防すれば、かなり歯は長持ちします。

正しいホームケアと、予防歯科医院でのハイレベルなメンテナンスクリーニングが必須です。

正しいホームケアがわからないですよね。メンテナンスクリーニングって、どの歯科医院でも同じレベルではないですよね。

私たちは皆さまのお口の健康を第一に考え、一本でも多くの歯が残せるようにとの思いから、定期的予防メンテナンスをお勧めしています。