銀歯からCEREC(セレック)へ

『地域一番優しい歯科医院を目指して』

自分のお口を覗いてみてください!銀歯は入ってませんか?

笑った時に黒く光る銀歯は美しいでしょうか??
銀歯治療で満足できますか?再虫歯になりやすいって知っていますか?
果たして、あなたの歯はそのままでいいのでしょうか?

保険治療で、当たり前のように行われている「銀歯治療」に警鐘です。

日本の歯科治療では昔から銀歯が使われてきました。そして、それは今も変わらず使われています。こんなに進んだ世の中なのに、なぜでしょう?

この銀歯治療は世界的にスタンダードかというとそうではありません。これは日本で行われている治療であって、世界的に標準なわけではないのです

成分はパラジウム、銀、金、銅、イリジウム、インジウムなどたくさんのものが混ざっています。

そのため銀歯は金属アレルギーの元になることがあります。以前は全然平気だったのに、急に発疹が出始めて・・・と言って皮膚科を受診すると、「銀歯は入ってませんか?」と言われることもあるんです。

銀歯は自分の歯と比べると、断然を通しやすいです。
銀歯をはめてすぐは熱を通しやすいため、冷たいものが凍みやすいですよ。

そして最大の欠点。銀歯は接着剤で歯に装着しますが、実はその接着剤に問題があるのです。装着したはずの接着剤ですが、唾やお口の中にある水分で徐々に劣化していくのです。すると、いつしか「くっついていた」はずの銀歯は「ただはまっているだけ」の状態になり、粘着性の食べ物を食べた瞬間にポロっと外れる仕組みになるわけです。

確かに虫歯は取りました。しかし、銀歯の性質上、精密なものではないですし、小さな隙間を狙って虫歯菌は虫歯を作ります。また、接着剤の性質も考えれば、劣化した接着剤と銀歯の隙間は虫歯菌の巣窟となります。

忘れてはいけません!『銀歯の下には虫歯有り』!

銀歯って体にも歯にも悪いの!?良いことないの!!?

良いこともあります。
それは「安くて、とりあえず噛める」というところです。

日本の国民皆保険は優しく、保険治療でも噛めるようなシステムにしてくれています。
ただ、「とりあえず」です。

良い材料、良い治療を受けようとすると、保険適応外になってしまうため、歯医者は高いというイメージになってしまうんですね。

確かに保険外治療は高いです。
しかし、それ以上に素材を比べると、雲泥の差があるということを知っておいてください。

ご自身の歯を守りたいなら、お口の中にある金属を外して、メタルフリーにすることを強くお勧めします。

安いからと言って「銀歯治療」を進める歯医者と、高いけれども体に良い治療法を提案する歯医者、本当にやさしい歯医者はどちらでしょうか?

銀歯をはめて治療が終わったと安心しているあなた。
その歯は本当に治ったとは言えません。刻一刻と銀歯は腐食していきます。

当院で行う最新機器CEREC(セレック)治療は、主に二ケイ酸リチウムガラスセラミックを使用し、硬さも実際の歯にとても近いです。
歯の審美性にとても大切な透明度も高く、見た目の色も形も申し分なく仕上がります。

 

表面の性状としては、とても滑沢で汚れがつきにくいので、この点でも虫歯になるリスクが低いと言えます。
また、経年的な変色や材質的な劣化もないので、長くお口の中でしっかり機能してくれます。

ただ性質として、たわむことができないので、奥歯のブリッジの欠損補綴には用いることができません。

そして、従来のセラミック治療に比べて費用が約半分!2歯までなら1時間で治療完了!

ここまで、銀歯を付けているととんでもないことになりますよ!?と脅しめいたことを説明してきましたが、残念ですがどれも本当のことです。歯のためにお金を使うなら、もっと他のものに使いたい!という人も結構います。
経済的な理由でやむなく銀歯にしなくてはいけなかった方もいらっしゃるでしょう。

ただ、ここでお話しした事実だけでも理解していただけたらと思いますし、心配な方は定期検診でしっかりチェックしてもらうことをお勧めいたします。

歯は大切に、一生美味しいものを食べて過ごしたいですよね!

虫歯、歯周病は細菌感染

『地域一番優しい歯科医院を目指して』

虫歯や歯周病で、残念な思いをしないために・・・

アッ⁉ ひょっとして虫になったかも?と感じたとき、それはもうC2かC3になっています。

歯の構造は、表層から「エナメル質」つぎに「象牙質」そして「神経」となっています。

つまり、「エナメル質」と「象牙質」には神経はありませんので、「しみる」とか「何となく痛む?」

など、何かしら症状を感じるという事は、虫歯はすでに最深部の「神経」に及んでいる可能性が高いのです。

逆に言えば、神経近くまで虫歯が進行するまで、気付かない!ということ。

こうやって、痛い思いをしながら歯の神経治療をしても、長持ちしないわけですから、本当にもったいない話です。

『自分は大丈夫と思っていても、きちんと予防メンテナンスに通う』習慣が非常に大事です。

それでも歯医者の目には映らない虫歯もあります。

当院の予防歯科では、「患者自身も虫歯を感じていない」、「お口の中を診ても虫歯はなさそうだ」それでも隠れている虫歯を検知するために、定期的にレントゲンを撮って確認します。

ここまでやって、何とか大きな虫歯から歯を守ることができます。

「自分は虫歯じゃないから、歯医者に行く必要はない」と思っている方が一番危険です。

歯医者でも見えない虫歯があるんです。自分では大丈夫と思っていても虫歯は進行しているのです。

痛くなってからでは遅いんです。

おかもと歯科では、虫歯になりやすいかどうかを検査し、あなたのお口に合ったホームケアの方法をご提案します。

そして定期メンテナンスでは、お口の歯石やバイオフィルム(細菌の塊)を徹底的にクリーニングして、虫歯や歯周病になりにくいお口の環境を維持します。

この予防メンテナンスをきちんと継続すれば、きっと素晴らしい結果が付いてきます。

歯科用3Dプリンターのセミナーに参加しました

『地域一番優しい歯科医院を目指して』

歯科医療業界も進化が目覚ましく、デジタル化が進んでおります。

口腔内スキャナーに続き、3Dプリンターの応用が始まっています。

まずは、インプラント手術に使う、「サージカルガイド」を3Dプリンターで作成できるようになります。

これにより、より精密で安心なインプラント手術が可能となります。

歯科界のデジタル化はまだまだ進むようで、これからの進展に期待大です。

ところでこの日は、台風直撃の中、姫路を何とか脱出し東京へ。

久しぶりの東京は、夏休みの人の多さと炎天下で汗だくに1日でした。

ホームケアグッズを更新しました

『地域一番優しい歯科医院を目指して』

おかもと歯科では、生涯にわたってお口の健康を維持してもらいたいという強い思いから「予防歯科」を主軸に診療しております。

「痛くなったら歯医者に行く」方や、「虫歯に気付いたら早目に歯医者に行く」方のように患者様ご自身での気付きはもうすでに進行している状態です。このような歯医者の使い方をすると必ずお口の健康維持はできません。「痛みがなくても、定期的に通う」。これが当院の「予防メンテナンス」です。

虫歯や歯周病には、必ず「原因」があります。しかし一般的に歯医者は「患者の訴え」を解決するため、歯を削って治療を急ぎます。「あそこの歯医者に行けばすぐ治してくれた」といい評価?をもらいたいからでしょう。そして患者様も早く治ってよかったと思い、歯医者を終える。また痛くなったら行けばいいと思うのでしょう。こんな悪循環が歯をダメにするのです。

エッ⁉ 虫歯は早く治ってよかったでしょうが、そもそも「なぜ虫歯になったの?」そこんとこ追求しないと口の中のあらゆるところで虫歯エンドレスですよ。原因追及にこだわらないと「予防歯科」は成り立たない。

おかもと歯科では「精密検査」と「お口の中丸わかりパック」で虫歯と歯周病の原因を追究します。

そして、「お家でできるホームケア」と「当院で行う予防メンテナンス」の2本柱でお口の健康を守ります。

「お家でできるオームケア」では患者様の虫歯体質に合わせた、歯磨き剤や乳酸菌、キシリトールなど何を使えばいいのかを科学的にアドバイスします。薬局に行けば、迷うほどの種類がある歯磨き剤。患者様一人一人に合ったアドバイスができるのは「予防歯科にこだわる歯医者」ならではです。

 

銀歯の中は二次カリエス

「地域一番優しい歯科医院を目指して」

銀歯で治療をしたことがある方は、銀歯が外れた経験はないですか?

ガムやキャラメルを食べていて、ポロっと銀歯が外れてしまった。よくある話です。

銀歯は接着剤で歯に装着しますが、この接着剤が曲者なのです。銀歯と歯を接着させるとほんのわずかな接着層ができます。この接着層は、お口の唾液で劣化していくのです。そして「くっついていた」はずの銀歯は「ただはまっているだけ」の状態になり、粘着性の食べ物を食べたときに外れるわけです。

問題は、外れるだけでは済まない。接着層が唾液で溶けていく過程で、銀歯の中には唾液中の虫歯菌も入っていくわけです。一見何ともないように見える銀歯も(写真①)、中で虫歯が発生していることがとても多いのです。これが、「二次カリエス(再虫歯)」です。(写真②)

 

写真①          写真②          写真③

だから、「銀歯」を詰めて治った。と考えるより「次の虫歯を作りやすくした」と考えることも大切。

確かにもともとあった虫歯の部分は削り取りますが、「銀歯」の性質上、精密なものではないですし、小さなすき間を狙って虫歯が発生します。なにより、接着したつもりでも接着剤の欠点上、接着剤と銀歯の隙間は虫歯菌の巣窟となります。

このように治療した後の予後のことに目を向けると、ただ詰めればいいという治療はもうやめて、治療後もきちんと接着し、虫歯菌がなるべく入り込まない治療法を選択すべきであることは明白です。

写真③は、CEREC(セレック)にて当日セラミック治療。

当院の「ハートフル・トリートメント・プラン」でご案内する治療計画は、治療に入る前から『予防』の観点で診断し、削る量、詰める材質、接着剤の種類をベストな方法でご提案します。

地域一番実践会に参加してきました

「地域一番優しい歯科医院を目指して」

スタッフ全員でセミナーに参加してきました。

歯科医院新人スタッフ研修という内容でしたが、ベテランのスタッフにも刺激の多い内容でした。

歯科医療の現場における「仕事観の確立」や「考え方を高める」講義では、

【素直】、【プラス発想】、【勉強好き】、に加えて【情熱】。この4つをいつも持ち続けることが大

切。さらに「プロフェッショナルになる方法」の講義では、目標を持ち、実行することの大切さを学びま

した。明日からの診療で自分に何ができるのか?しっかりと考えることができるセミナーでした。

虫歯予防に乳酸菌

「地域一番優しい歯科医院を目指して」

スーパーで見かけた「ヨーグルト」。これは虫歯予防のために開発された「L8020」という乳酸菌が入っているそうです。乳酸菌には様々な菌株があって、目的のところで定着しないと効果が期待できないわけです。お口の中には、善玉菌と悪玉菌そして日和見菌(環境によって善玉にも悪玉にも変身する菌)があって、歯磨きでピカピカにすると総菌数は確かに減りますが、決してゼロにはならなくて、数時間で増えてきます。そこで、お口の中を善玉菌でいっぱいにしておけば、また数時間後、総菌数が増えてきても悪玉菌の割合が減っているので、虫歯や歯周病になりにくいという予防の考え方。

プロバイオティクスと言って、当院の予防プログラムの軸となっています。

一般的な予防歯科といえば、定期的に歯医者に行って虫歯がないか見てもらったり、歯の掃除をしますが、プロバイオティクスは虫歯や歯周病の原因そのものを抑制します。

 

スタッフ親睦会

「地域一番優しい歯科医院を目指して」

新人スタッフとの親睦を兼ねて、USJに行ってきました。

 

朝からあいにくの雨で残念。

と思いきや、若いスタッフの皆さんは雨など関係なく羽を伸ばしていました。

たまには仕事を離れて、楽しい時間を共有するのもいいですね。

「歯周組織から健康維持」

デンタルプラークは口腔内感染症の原因だけでなく、命さえ奪う細菌集団です。

お口の中では数百種の細菌がコミュニケーションをとりながら、唾液や歯肉溝液を主な栄養源としてバイオフィルム集団となるデンタルプラークは、虫歯や歯周病の原因となるだけでなく、多くの人の命を奪う肺炎の原因となっています。

さらにデンタルプラーク細菌集団は、糖尿病、脳内出血、動脈硬化、アレルギー疾患などを引き起こすこともあります。

まさに健康破綻は口から始まります。

お口の健康なもとより、健康ライフを送るためにもデンタルプラーク細菌を暗躍させないことが予防歯科の本質となります。

当院では、定期的なメンテナンスに加えて、「バクテリアセラピー」を取り入れています。

「バクテリアセラピー」とは、天然のプロバイオティクスであるL.ロイテリ菌の錠剤を毎日食べてもらい、口腔内の菌質改善を行う健康管理法です。

 

ご予約に関するルール

ご予約について

ご予約を頂いているお時間は、みなさまの貴重な時間をいただき、診療を行っております。当院では、ご予約の時間通りに診療できるよう、スタッフ一同、細心の注意を払って日々取り組んでおります。

  • そのためには、みなさま、一人ひとりの「予約時間を守る」というご協力をお願いします。
  • 遅れてくると、次の患者様をお待たせすることになり、貴重なお時間を無駄にしかねません。
  • できれば、ご予約の5分前には、お越し下さい。
  • 実際には、医療現場のため、急な痛みの方、事故の方などで、予想以上にお時間が掛かる場合もございます。随時お知らせしておりますので、ご了承下さい。

キャンセルについて

  • ご予約の日にお越しできない場合は、前日までにご連絡ください。ご予約の変更をさせていただきます。
  • 当日、急なご予定などで、お越しできない場合もご連絡ください。
  • 無断キャンセルはルール違反です。絶対にお止めください。

無断キャンセルが続きますと、ご予約を控えさせていただく場合がございますので、ご了承ください。